業者で行なっている工事の流れについて知ろう

テレビアンテナ工事の流れを知ろう

電波悪いなどの不具合で、テレビアンテナ工事を行なおうと検討しているのであれば、施工の流れを知っておきましょう。予めアンテナ工事の流れを把握してから、専門業者に依頼しましょう。スタッフからの説明を受けている際もイメージしやすくなります。

施工作業の流れ

現地調査

専門業者に問い合わせるとテレビアンテナ工事を行なうために、現地調査をしてくれます。現場には知識や技術を持ったスタッフが来てくれます。電波悪いケーブルテレビの原因を調査してくれますし、状況にあった工事計画を提案して見積もりを出してもらえます。

設置工事

テレビアンテナの工事を行なう際には、取り付ける場所として屋根やベランダなどに設置していきます。また、設置するアンテナにも種類があるので、それに応じた工事を行なっていきます。高い場所での作業になるので、周囲に邪魔なものがあれば片付けておいた方が安全です。

レベル測定

混合器が伸びている線の電波が少ない場合は、象幅器を設置しなくてはなりません。この装置は、一定の強さの電波を増やすことができます。電波のレベル測定を行なうためにも、この作業はとても大切な工程です。この作業をすることで、電波悪いといったトラブルが起こさないように、安定した状態を保てます。

分配器の設置

象幅器は安定して出ている電波を室内に行き渡らせます。その際は、一本の配線に分配しないといけないので、分配器を使用しなくてはなりません。この分配器を使用することで、同じ量の電波として分けることができます。

テレビアンテナとインターホンのDIYはNG

電波悪いからテレビアンテナの工事をDIYで行なおうと考えている方も多くいます。また、テレビアンテナだけでなく、インターホンもDIYで行なう方もいます。DIYであれば、電気工事にかかる料金を安く済ませることができます。しかし、自分で設置するのは非常に危険です。アンテナを取り付けるために高いところで作業することになります。高いところから誤って転落してしまい打ち所が悪いと、死亡してしまうケースもあります。さらに、素人が電源直結式の配線を触るのは、火災や感電などの危険が伴います。

TOPボタン